矢筒の製作 (漆塗り)ふう

ぎり粉入れはご覧になられたでしょうか?
今回は、同じ手法で、矢筒を作って見ましょう。
この矢筒も、本来は、木型に紙を巻きつけて作って行きますが、
やはり、手に入りやすい素材で構成してみました。
頑張りましょう

直径5.5cmと4cmの紙管を用意します。
ちなみに、東急ハンズで入手しました。サイズは適当で結構ですが、あまり肉厚のあるものだと、完成時に重くなります。
まず、太いほうの紙管を15cmに切ります。
ぎり粉入れのときのように、紙を巻きつけ、真直ぐに切りましょう。さらに、ふたになる部分も切っておきましょう。
ふたは、約10cmです
15cmに切った太い紙管を細いほうにくっつけます。
継ぎ目になる所から約3.5cmの所に印を入れ、三角に切れ目を入れて細いほうに合わせます。 下記参照
つなぎ合わせは、木工ボンドを使います。
ゆがまないように、気をつけながら、テープや紐を使って縛っていき、乾くまで固定しておきます
継ぎ目の部分です。
今回の矢筒製作で、難しい所の一つです。
細いほうの紙管を、矢の長さに調整します。太い所は、羽の部分です。矢の種類によって、寸法の違うものがありますので注意しましょう。
紙管の底は、ダンボールを丸く切って作ります。
障子紙を貼って行きます。
矢筒は長いので、紙をテープ状に長く用意し、らせん状に巻いていきましよう。
そうしないと乾き具合で、紙管が曲がってしまいます。
約12cmの所に紐通しを作ります。紐通しは、竹を使いましたが、紙を巻いて作っても良いでしょう。
木工ボンドで接着して、紐で縛って固定します。
中芯と、ふたになる部分です。同じように紙を巻いていきます。今回の中芯は、画用紙のようなものを矢筒に合う大きさに丸め、その上から障子紙を重ねて貼りましょう 補強は、ガーゼではなく、包帯を使いました。
写真では、包帯が重なっていますが、あまり重ならないほうが良いかも知れません。
つなぎ目はしっかり補強します
ふたの部分です。
やはり真ん中に紐と押しをつけます。真ん中を盛り上げるために、パテで少し整形しました。
このあと、包帯を巻きます。
いきなり完成品です。
塗りの部分は、ぎり粉入れを参考にして下さい。
ふたの部分は、貝細工を入れました。塗料を塗ってすぐに、貝をばら撒き、そのまま乾かし、後で研ぎだします。
本体側には、名前を貝細工で入れてみました。
家紋を型どって細工しても面白いでしょう。
貝は、塗りの始めのほうに接着しておきます。後は、ペーパーで研ぎだしましょう。
完成品です。 上から見た所です 正面、ふたの貝細工
別冊住弓 矢筒U ぎり粉入れ